ソフトダーツを楽しむなら、やはり大切なのはルールやマナー、そしてさまざまな疑問や悩みについて教えてくれるアドバイザーの存在。この「ソフトダーツ相談室」では、ダーツ界の仙人“K-pon選手”が頼れるアドバイザーとして、みなさんからのご相談に答えていく!!

K-pon仙人のソフトダーツ 相談室【相談その8】強調しているわけではないのに……

強調しているわけではないのに……

大好きなソフトダーツをたくさんプレーしたくて、半年ほど前からダーツバーでスタッフとして働いている女子です。自分でいうのもなんですが、私は胸が大きく、Fカップほどのサイズなんです。そしてそれをお客様にからかわれてしまうことが多く、悩んでいます。

私の場合、投げるときに胸を張った方が思いどおりに投げられるのですが、投げていると、わざと胸を強調しているんじゃないの? といわれたり、ときには投げているときに胸をさわろうとする人もいたりします。K-pon仙人、そんな私がこれからも胸を張ってプレーし続けることができるよう、そんな風にからかってくる人を上手くかわす方法を教えてください!!(福岡県・23歳・女性)

その胸をさわろうとしている人って、俺のことではないよね(笑)? もしかすると、この投稿は私の知り合いが出したのでは……。なんて冗談はさておき、女性からすると、こういうことは悩みの種だよね。この相談への的確なアドバイスになるかどうかは分からないけれど、相手の女性が恥ずかしがったり、隠そうとしたりすると、かえってイジりたくなるのが男性の悲しい性だったりする。

そこで、むしろ「あたしの胸、どうよ」っていうくらい堂々とオープンにしていた方が潔く、自然に思えるのかもしれない。まあ、なかには酔っ払っている人もいるだろうから、その都度、臨機応変に対応するのは、きっと大変なことだろうなぁ。

そんなときの対処法は、胸の大きな女性の先輩プレーヤーに聞いてみるのも、ひとつの手かもしれないね。

佐藤敬治 選手
佐藤敬治 選手
[Keiji(K-pon)SATO]

ハードダーツでの長年のキャリアとソフトダーツでの日本代表選手としての経験を生かし、相談に答えてくれる“K-pon仙人”こと佐藤敬治選手。2017シーズンのPERFECT第25戦でベスト8となるなど、活躍を続けている。

mccoy=文/内海裕之=写真/Palms=撮影協力
※※2016年9月発売 SOFT DARTS BIBLE vol.60掲載記事を再編集したものです。

SOFT DARTS BIBLE vol.60の購入はこちら!!